カテゴリー

  • 写真関連
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ

2015年11月30日 (月)

世界は美しい。

世界は美しい。
つい、そんなことを思ってしまったのだ。

手術の翌朝、主治医の診察のあと、右目の眼帯が外された。
世界が眩しい。
そういえば、もう何年も、左目ひとつで光を感じ、映像をキャッチしていたのだ。
もちろん、視界が半分であることの不便さは日々感じていたけれど、光の量についてはあまり違和感を感じたことがなかった。長い時間をかけてすこしずつ右目が使えなくなっていったので、目に入ってくる光の量の減少に無意識のうちに慣れることができていたのかもしれない。

光量半分に慣れきっていた僕の目と脳に、今日から倍の量の光が注がれることになる。そりゃあ眩しいだろう。そういえば、入ってくる情報の増加に脳がついてこれず、情報を処理しきれなくなった脳が悲鳴をあげることがある、と主治医に言われたっけ。具体的にいうと、大変な頭痛に悩まされることになるらしい。慣れるまでの辛抱らしいけど。

眩しさに目をしょぼしょぼさせながら退院の準備をする。会計を済ませ、病院を出ると、昨日、入院したときと景色が微妙に変わっている。いや、景色というか、色だ。
空の色が、木々の色が、雲の色が、昨日とは違っているのだ。
もちろん、空が赤くなったり、木の葉が紫になったりしたわけではない。

空は青で、木々の葉は緑で、雲は白い。
それはもちろんそうなのだけれども、昨日見たものとは明らかに違う色だったのだ。

続きを読む "世界は美しい。" »

2015年11月10日 (火)

bloodshotだぴょん。

His eyes are always bloodshot.
(彼の目はいつも充血している)

「充血」という言葉を、携帯の辞書アプリで検索してみると、こんな例文が書いてあった。

bloodshot.

……なんだか響きがカッコいい。

僕の目はいつも充血している。
そこにはささやかな理由があり、現在のところの予想としては、おそらく一生、充血人生を送ることになる。最初はけっこう気になったけど、今はこれが普通の状態だたと思っている。
カラスは黒、シロクマは白、パンダは白黒、僕の目は赤。
それだけのことで、特にこれといった問題はない(まあ、多少見栄えは悪いけど)。

とはいえ、見慣れない人にはちょっとインパクトがあるようで、

「どどどどうしたんですか、目、真っ赤ですよ」

などと心配されたり、

「おいおい徹夜明けかよ、何してたの」

などとからかわれることが時々ある。
心配されてるにせよからかわれてるにせよ、目が赤い理由を聞かれているわけなので、うまいこと回答したいのだが、なかなかいい答えが思いつかない。
こういうとき、馬鹿正直に、

「あ、目の病気やってまして」

とか、

「これがアナタ、治療用目薬の副作用なんでやんすよ」

とか答えてしまうと、相手はおおむね、「しまった」という顔をして、伏し目がちに謝られたりするのである。

こちらとしては普通のことを普通に説明しているだけなので、謝られてしまうと申し訳ない気持ちになる。
とはいえ、謝ってしまう気持ちもわかる。

なんとか、相手に謝罪の気持ちを起こさせず、この会話を終わらせる回答はないものか。この際、多少のウソが入っていてもかまわない。

いっそ、

「実は僕、ウサギの生まれ変わりなんだぴょん」

などと言ってみるのはどうか。
なんなら、両手をウサギの耳に見立てて頭頂部両脇に置置き、そろえた指先をピコピコ動かしながら言ってみてもいい。

どうだろうか。

ダメにきまってるじゃないか。

2015年11月 9日 (月)

情熱の馬鹿。

はるか昔。
そういえば壁ドンをしたことがあったぞ、という記憶は少なからず僕を動揺させた。
というか、現在、動揺真っ最中です。

だってこのオレがだよ。
笑っちゃうというか、それすら通り越して、引くわー。

でも、でもですよ。

気を失いそうになるほど恥ずかしい過去の記憶って、おそらく誰にでもあるのではないでしょうか。

夜中に書いたラブレターとか。

ギターを弾くのが趣味で尾崎豊ファンの友達に頼まれて、彼のオリジナル曲に作詞をしたら「うん……まあ、悪くはないと思うんだけどさ、お前は社会に反抗するような詞は書かない方がいいんじゃないかな。どうがんばって読んでも燃えてこない」と、すまなそうに言われたとか。

バイク雑誌の小説投稿コーナーのハードルが低そうだという噂を聞きつけて、バイクの事なんて全然知らないのに「そのエンジンの回転音がオレのハートをたかぶらせた。今日のオレの獲物はどいつだ。そう、オレは都会のハンター」みたいな小説を送っていたとか。

……。
……。
……。

(書かなきゃよかった)

続きを読む "情熱の馬鹿。" »

« 2015年10月 | トップページ