カテゴリー

  • 写真関連
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ

« いなり寿司には罪はない。 | トップページ | 連休ますます大型化。 »

2009年5月 5日 (火)

携帯の不調と家族への届かぬ思いについて。

 僕の携帯の液晶がものすごいことになっている。

 まず、携帯の裏、というか、閉じた時に表に出る部分の小さいモノクロ液晶。
 ここには、普段は現在時刻が表示されるわけだが、現在、基本的に非表示である。
 表示部分の設定を確認しても特に問題はないので、この部分だけ壊れちゃったのね、ということでひとまず解決したのだが、よくよく観察していると、彼(携帯のことです)は彼なりに、この液晶の表示をなんとかしたがっているようなのだ。
 どういうことかというと、この液晶、何かの拍子に、突然表示されることがあるのだが、その表示されている内容が、「正常な現在時刻」だったり、「おそらく正常な時刻を表示していると思われるが、なにせ表示が濃すぎて真っ黒」だったり、「タイあたりの文字に見えなくもないなにやらぐにゃぐにゃした状態」だったり、「もう力尽きましたといわんばかりの横線一本」だったりするのである。

 この潔くない感じがいじらしい。
 すっぱり壊れずに、なんとか表示を試みようとして失敗するあたりに、妙な親しみを感じるのは僕だけだろうか。そもそも、どこかに不具合があったからこそ、本来表示されるべきものが表示されなくなったわけで、だったら、

「モウダメデス、コワレマシタ」

 ……と一言言い残せばいいものを、

「なんとか表示できないかとがんばってみたのですが、力が入りすぎちゃって真っ黒になっちゃいました」

 と頭をかきながら照れくさそうに言うその仕草。可愛らしいではないか。
 折りたたみ携帯の頭というのがどのへんにあたるのかはちょっとおいておくとして。

 ……というような話を家族にしても、単に「故障を口実に新しい携帯を欲しがってる」としか思われないのが大変悲しい。そりゃ、そろそろ新しい携帯は欲しいけど、それとこれとは別問題なのである。

 追伸。
 ここ数日、携帯を開いてもメインのカラー液晶が映っていないという現象が発生するようになった。
 今のところ、まれにそういうことがある、というくらいの事象なのだが、メインの液晶が映らないのはさすがに実害が大きい。
 そういえば、この携帯を使うようになって、今月で25ヶ月目である。

 そういうことなのか。
 いわゆるなんとかタイマーというヤツなのか。

« いなり寿司には罪はない。 | トップページ | 連休ますます大型化。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯の不調と家族への届かぬ思いについて。:

« いなり寿司には罪はない。 | トップページ | 連休ますます大型化。 »